> 製品・サービス情報 > 水処理プラント・機器 > 脱ガス装置

脱ガス装置

高効率真空脱気塔(HE-VDG)

高効率真空脱気塔 HE-VDG
高効率真空脱気塔 HE-VDG

通常の真空脱気塔の内部に、窒素などの微量の不活性ガスを注入し、真空側の気相の酸素分圧を限りなく"ゼロ"にすることにより、高効率を達成し、脱気効率を飛躍的に向上させた装置です。 通常の脱気装置とほぼ同等の設備で、処理水の溶存酸素濃度は、必要に応じて50~5ppb以下まで対応できます。また、処理水の溶存窒素濃度は、常温、常圧の飽和溶解度よりもはるかに低濃度となります。

    特長
  • 従来の脱気塔に少しの付加装置を設置しただけで、除去性能が飛躍的に向上します。出口の溶存酸素濃度は、従来技術の1/10程度に低下します。
  • 窒素の溶解量は微量(真空下での飽和溶解量のみ)なので、後段で問題にはなりません。
  • 消耗品は、微量注入する窒素ガスだけで、極めてわずかなランニングコストで高い性能を発揮できます。

膜脱気装置

液体は透過せず、高分子気体だけ透過する膜の片側に純水を通水し、反対側を真空にすることにより、水中の溶存ガスを除去する装置です。高純度の脱気膜モジュールを使用しているので、水質を低下させません。また、通水時の圧力損失が非常に低いので、ポンプの負荷をかけません。

    特長
  • 脱気膜モジュールは、表面積が大きいので、非常にコンパクトです。
  • 水中に溶解しているほとんどの溶存ガスを除去可能です。
  • 真空側に窒素などの不活性ガスを注入することにより、さらに除去性能を向上させることも可能です。