> 製品・サービス情報 > 水処理プラント・機器 > イオン交換装置

イオン交換装置

水中のカチオンを除去するカチオン交換樹脂、アニオンを除去するアニオン交換樹脂、またそれぞれに強型・弱型があります。再生方法の違いによる向流再生方式・並流再生方式、混床塔方式、一つの塔に強型と弱型の樹脂を積層した複層床式(エクセルベット®)、塔内に樹脂を一杯に充填したパックドベッド方式(デュオライトフロ-)、2床3塔+カチオンポリシャーからなる超高純度水製造イオン交換システム(エクセルリジョンフォー)など、原水水質にあわせ、それぞれのイオン交換樹脂を最も効率的に利用するためのイオン交換装置を提供いたします。

イオン交換装置例
1 CEXシリーズ カチオン交換樹脂塔(向流・並流)
2 AEXシリーズ アニオン交換樹脂塔(向流・並流)
3 MBPシリーズ 混床式イオン交換樹脂塔(2床3塔透過水を原水とする)
4 MBRシリーズ 混床式イオン交換樹脂塔(2床3塔透過水を原水とする)
5 エクセルベット®シリーズ 複層床式向流再生型イオン交換樹脂塔
6 デュオライトフローシリーズ パックドベッド式向流再生型イオン交換塔
7 エクセルリジョンフォー 2床3塔+カチオンポリシャー

電気再生式イオン交換装置(EDI)

EDI本体
EDI本体

EDIは、イオン交換膜とイオン交換樹脂で構成され、直流電流を用いてイオン交換樹脂を連続再生する水処理装置です。

    脱塩原理
  • 供給水中のイオンは、イオン交換膜に挟まれたイオン交換樹脂により脱イオンされます。
    再生原理
  • EDIの上下に設置された電極に常時直流電圧をかけ、直流電流が流れ、イオン交換樹脂に捕捉されたイオンは、それぞれの電極に向かって移動を開始します。全てのイオンは、ブラインに集まり、ブライン排水から連続的に排出されます。このように、純水を製造する工程で同時に再生が行なわれますので、再生薬品なしで10~18MΩ・cmの純水を製造できます。
    用途
  • 混床式純水装置の代替として使用することで再生薬品が無くなり、環境負荷低減を実現します。

極性反転式電気脱塩装置(EDR)

EDRは、イオン交換膜で構成され、直流電流を用いてイオンを移動し脱塩する装置です。この機能に加えて、電極の極性又は流路を定期的に反転することで、析出したスケールやスライムを洗浄除去する自己洗浄機能を備えた装置です。

    脱塩原理
  • 供給水中のイオンは、イオン交換膜を透過することで脱塩されます。
    再生原理
  • EDRの上下に設置された電極に常時直流電圧をかけ、直流電流が流れると、イオンは、それぞれの電極に向かって移動を開始します。半分以上のイオンは、ブラインに集まり、ブライン排水から連続的に排水されます。また定期的に流路を反転し、析出したスケールやスライムを膜表面から除去し洗浄します。このように、連続的にイオンを除去するので、イオン交換樹脂塔と異なり、再生薬品なしで、塩濃度の高い排水などを回収処理できます。
    用途
  • 工場排水の回収処理を実現します。
  • 純水装置の再生排水の回収処理を実現します。